くまにち メディカルインタビュー
   HOME > がん治療科 インタビュー一覧> がん治療科 最前線
 
乳腺外科編

2011/8/5掲載
 
MENU
美容整形
美容皮膚
ダイエット
内科
心療内科
歯科
皮膚科
婦人科
肛門科
がん治療科
小児科
眼科
整形外科
耳鼻咽喉科
神経内科
泌尿器科
放射線科
循環器内科
医療福祉
消化器外科
形成外科
味覚障害
免疫治療
血管外科
精神科
日々進歩している乳がん治療 早期発見のため定期的な検診が大切
 
くまもと乳腺・胃腸外科病院 理事長
村本一浩氏
今や日本人女性の16人に1人が経験するといわれる乳がん。治療法や検診について聞きました。

 ■乳がんが増えているそうですね。
 乳がんの罹患(りかん)数は年々増加傾向にあり、現在日本人女性のがん患者数のトップになっています。女性にとっては他人事ではない病気なのです。しかし、早期に発見し治療すれば完治する可能性が高く、乳房を残す「乳房温存術」という術式での治療も可能です。また、脇の下のリンパ節への転移を調べる検査も「センチネルリンパ節生検」という方法で切除範囲が少なくて済むようになりました。早期発見のために、まずは定期的に検診を受けることが重要です。乳がんには遺伝的な要因も関係していますので、家族や親せきが乳がんにかかったことがあるという人は特に、積極的に検診を受けることをお勧めします。

 ■公的な乳がん検診が実施されています。
 熊本市の公的検診は40歳以上の偶数年の女性が対象で、2年に1度受けられます。また、昨年度は40歳、45歳、50歳、55歳、60歳の女性に検診の無料クーポンが配布されましたが、2万6134人の対象者のうち、受診したのは4349人。受診率は16・6%と、クーポンがあっても受診率が低いのが現状です。さらに昨年、熊本市が実施した40歳以上の検診で、要再検査だった人の約12%が再検査を受けていないことが分かっています。中には「乳がんと診断されるのが怖い」と、検査をためらっている人もいるようです。たとえ一次検査で要再検査という結果が出ても、精密検査で異常がない場合もあります。ご自身の大切な体のために、安心して検診を受けていただきたいですね。



 
無断転載は禁じます。
掲載の記事、写真等の著作権は熊本日日新聞社または、各情報提供者にあります。
Copyright Kumamoto Nichinichi Shimbun
  (c) 熊本日日新聞社 〒860-8506 熊本市世安町172
くまにち.com トップページへ